Home/ミルククレンジングのすすめ

ミルククレンジングで乾燥肌&毛穴ざらざら肌に別れをつげましょう

サロン・ド・キュアでは、長年サロンでも採用してきて、結果もしっかりでているミルククレンジングをホームケアとしておすすめしています。汚れのみを乳化させ、有効成分をお肌に残して潤うミルククレンジング。この素晴らしさを、美肌をめざすすべての女性に知っていただければと思います。

 

ミルククレンジングのコツ

量をケチらない

ざぶざぶと使えないくらいならランクを落としてでも、たっぷりと使えるものを。適正な使用量を守らずちびちび使ってると肌を摩擦し、よけいな刺激を与えてしまっていい効果がでないです。高価な美容液をつける前にクレンジングとその使用する量の見直しを。とくに乾燥してる肌は少ないミルク量ですと、クルクルがキシキシと指が動かなくなって肌を摩擦してクレンジングの度にストレスをあたえます。キシキシしたらミルクをたしてクルクルとクレンジングしましょう。見ためにはミルク色が透明になったら乾燥してるサイン!ミルクを足しましょう。ミルククレンジングの目的は、乳化させて汚れを浮かせることですので、ゆるゆるとなめらかに指がすべるくらいが目安です。

 

お肌をゴシゴシこすらない

浮かせた汚れを押し込んでは効果は半減です。鏡を見ながら細かいパーツを念入りに(小鼻脇、目元、生え際、耳元、耳のうら、顎のうらがわ、唇のきわ)。コットン使いでお肌に信じられないようなツヤがでてきます。繊細なグラスを磨くようにお肌もコットンでふきとりケアすると、洗い流しただけよりツヤがでて仕上がりが綺麗になります。ウエットコットン(コットンに水をふくませる)の繊維がお肌のひだに入りこみ、お肌の汚れ、皮脂などをとり除き、ざらざらが解消しますよ。

ミルククレンジングの方法

ここにご紹介する方法は、私が長年エステティシャンとして仕事をしてきて、確かな手ごたえと結果を残したものであり、自信を持って皆様におすすめできるものです。あなたの美習慣の一つとして役立てたら幸いです。 ミルククレンジングを取り入れてみたお客様のご感想などもご紹介していますので、よかったらご覧くださいね。 ※平均的なメイクの場合のあくまで目安としてとらえてください。日焼け止め・ファンデーション程度の方であれば1度のクレンジングでも良いですし、乾燥する季節であればミルクを多めに使うなど、ご自身の体調や気候によって調節してください。

①ポイントメイクを落とす

まずはポイントメイクを落としましょう。何故なら、落とさないまま一緒にクレンジングをはじめると、ポイントメイクの化粧成分がお肌のほかの範囲に広がってしまうから。わざわざこれから落とす汚れの範囲を広げることはありませんよね。コットンを水で濡らして軽くしぼり、クレンジングミルクを1プッシュくらい含ませます。目やリップに5秒間ほどあててなじませてからふき取るのがおすすめ。クレンジングはこすらないのが基本です。 とくに目の周りや唇は皮膚が薄く敏感なので、やさしくケアすることを心がけましょう。

②1回目のクレンジング

500円玉程度のクレンジングミルクを手に取ります。(10プッシュくらいが目安)まず、手のひらを合わせてじんわりと温めます。こうすることで、お顔にも刺激を与えず、なじみやすくなるからです。
顔の大きな面4パーツ(額、頬、あご)にのせます。親指以外の4指全体の腹でくるくるとクレンジングしてゆきます。クレンジングの方向を指示している情報もありますが、わたしの実感としてはあまり気にせずとも良いように思います。やさしくくるくるとやるのが大切。
小鼻や口のキワ、唇の端などは中指・薬指を使って丁寧に化粧をおとしてゆきます。あごや生え際なども忘れないように。
ウェットコットン(水がたれない程度にしぼったコットン)4枚を用意し、両手に1枚ずつ×両面(計8面)を使い汚れがつかなくなるまで拭き取ります。基本洗顔は必要ありません。どうしても気持ち悪かったり、コットンだとヒリヒリしてしまうほど角質層が不安定だったり、疲れているときなどは洗い流しても問題はありませんよ。無理をしないことが大切です。

③2回目のクレンジング

もう一度クレンジングを顔、デコルテ全体になじませ、綺麗なウェットコットンでふき取って仕上げです。
1度目は汚れを浮かすために手早く(3~5分程度が目安)、2度目はお肌をケアするためにより細かいパーツを繊細にすることを心がけます。デコルテを入念にするために、お風呂に持ち込んでも良いでしょう。(ただし、身体を濡らす前にしてください)
1回目のクレンジングと同じくふきとることをお奨めしますが、面倒ならそのまま洗い流しても良いでしょう。

④ローションでふきとり・保湿

ローションで拭き取ることによってお肌につやが出ます。拭き取り後もう一度、化粧水を今度はお肌になじませるようにつけて、クリームなどで保湿を忘れずに。 おしまい!一日の緊張、汚れ、疲れをリセット。明日も良い肌コンディションで一日をはじめられますね。
※朝のクレンジング
朝は夜寝ているだけですのでクレンジングの必要は無いと思われがちですが、実は皮脂などの汚れがついています。軽く拭き取りをするだけで一日のお化粧のノリが全然ちがいます。コナふきや、パサつきなどもないのでお化粧直しする回数も少なくてすみます。余裕のない時に無理することはありませんが、一度試してみてください。

 

なぜミルククレンジングなのか

ミルククレンジングの優れている点は、化粧品だけを乳化させて、お肌本来の持つ皮脂成分は落とさずに、汚れのみを落とすことが出来ること。テクスチャーがなめらかで手が滑りやすいので肌に与える刺激も少なくて済みます。

 

オイルクレンジングの問題点

肌が化粧成分を吸収してしまうこと。毛穴が酸化しやすいこと。ダブル洗顔が必要なので、洗いすぎてしまい、大切な皮脂も落としてしまうこと。ただし、最近のクレンジングオイルは随分改善されているようです。

 

石鹸洗顔の問題点

洗いすぎてしまい、お肌が乾燥するため、しみ・シワができやすい。結果お肌の老化を早めることも。

 

ジェルクレンジングの問題点

ミルククレンジングより化粧の落ちがよくないこと。

 

クリームの問題点

テクスチャーが固めなので、こすりがちなため、どうしても摩擦がきつくなってしまい、お肌にダメージを与えがちなこと。

 

 

ミルククレンジングについてよくあるご質問

いまいちお化粧が落ちきってない気がするのですが・・・

パーティの時など、かなりしっかり目のポイントメイクをしたときなどは、そこだけオイルでさっと落としてしまうのもありだと思います。何度も何度も拭き取りをするのは大変ですものね。でも普段のファンデーション程度なら、ミルクでのふきとりクレンジングで十分落ちます。 落ちが悪いと感じるときはやはり一度のクレンジングを長い時間かけるのではなく、回数を重ねることがポイントです。 正しくミルククレンジングを続けていれば、お肌はびっくりするほど改善していきますので自然とファンデーションなども薄くなり、何回もふき取る必要がなくなってきます。そうなればしめたもの。すっぴんに近い状態でも、自然な輝きと明るさ、キメを保った素敵なお肌になり、お顔の印象も見違えるほど若返ります。遠回りなようですが、お肌を本質的に内側から美しくするには地道にミルククレンジングを続けることが一番近道ではないかと思います。

ふき取り後の膜がはったような感じになじめず、どうしても洗顔したくなってしまいます。

ミルククレンジング独特の油膜の張った感じが苦手な方もいらっしゃいます。 汚れは落とし、潤いは残すのがミルククレンジングの利点なので、できればやさしくふき取ることをおすすめしていますが、どうしてもさっぱりしたかったらぬるま湯で洗い流してもOKです。 スキンケアは楽しくやるのが大切。自分のお肌にうっとりしながら、香りやテクスチャーを楽しみながらお手入れすると、効果にはっきりとした違いがでます。ほんとうですよ。 詳しくは、ブログもご覧くださいね。