Profile 

オープンから30年以上、フェイシャルエステでお客様が美しく輝き出すのが一番の生きがい

 

1962年生まれ。

会社員として2年勤務する中、ストレスから肌荒れに悩む。自身の肌コンプレックスを解消するために美容業界へ転職。
大手サロンで知識と技術を学び、月にピーク時で100名を施術。自分の肌も綺麗になり喜びを感じると同時に、お客様が美しくなることで自分に自身を持ち、生き生きと輝き出す姿に、この仕事へのやりがいと充実感を見出すようになった。

一年後、指名ナンバー1となり、管理職へと抜擢される。マネジメントにも手応えを感じたが、自分の手でお客様を美しくできるエステティシャンこそが自分の道だと気付き、退職を決意。
肌のコンプレックスに悩む女性を一人でも減らすべく、関内駅近くでフェイシャル専門サロンをオープン。

近年では年齢を重ねたお客様から
「写真に写った顔が周りの友人より老けて見えてショックだった」
「美容院で鏡に映る老けた自分の顔を直視できなくて、ヘアスタイルを楽しめない」
などの声を多く聞くようになり、老け顔の原因となる「たるみ改善のケア」に力を入れるようになる。

一人一人の肌状態、疲れ具合、生活環境に合わせたオーダーメイドなたるみ改善のためのフェイシャルケアを提供し、さらにその効果を長くキープするためのホームケアも丁寧にサポートしている。
「顔がキュッと上がって顎がスッキリ!毎日鏡をみてお手入れをするのが楽しくなった」などの声を多くの顧客から頂いている。

オープンから30年以上、
「フェイシャルエステで女性を元気にする」をモットーに仕事に家庭に頑張り続ける女性が生涯若々しく元気に輝けるよう、日々新しい技術を磨き提供している。

Jazz、アート、シャンソン、そしてパリが大好き。

 今までほんとうにたくさんの女性とお会いして来ました。私の施術で元気に、綺麗になったといっていただけるのが何よりも嬉しく、仕事の原動力となっています。 エステ経験が豊富な方も、今までエステをしたことがないけどお肌悩みをどうにかしたい!と思ってらっしゃる方にも、ぜひトリートメントを受けていただきたいです!

5年前より美しいお肌に導くことがわたしの仕事です

お客様はそれぞれ食生活・嗜好・性格、さまざまなライフスタイルを持っていらっしゃいます。長年このお仕事をしてきましたので、たとえ初めてのお客様でもおおよその雰囲気を私なりにつかむことができます。そして、そういった言葉にはならないけれど大切な情報をもとに、お肌を見て、触れて、お客様の状態に寄り添いながらその方に合わせたトリートメントをご提案させていただいています。  

また、トリートメント効果を十分にあげるために、特に私が大切にしている要素があります。

それは五感を使って、じっくりトリートメントを味わっていただくこと。BGM、ベッドのタオルの触り心地、照明、(電話やら化粧品がたてるような)余計な雑音の排除に到るまで、そのお客様に合わせた空間の演出を心がけています。サロンに入ってこられた時にお客様のご様子、何気なく言葉にされる一言、小さなシグナルを体で感じ、お客様と何気ないお話をしながら徐々にテンションをコントロールしてゆく、これは私が長年エステティシャンとしてお仕事を続け、体と手で覚えたテクニックです。

 

 

実際に、お話に夢中になりすぎてテンションのあがったままの状態でのトリートメントは、目に見えて効果が半減します。

逆に、深い眠りに入り過ぎてもフェイシャルにおいては最大の効果は発揮されません(リラックスはしていただけますが)。  

お客様を理想のテンションに導くために、自分自身もコントロールするよう心がけています。 ついつい、お話に花が咲いて盛り上がってしまいそうになっても、そこでふと、高まってきた緊張感のガス抜きをするようにしています。

そのようにお客様がリラックスできる環境で、香り、音楽、触覚で味わっていただいてこそ、トリートメント本来の効果は十二分に発揮されます。自律神経のバランスが改善され、血流がアップし、リンパ液の流れは活発になり、お肌が必要としている栄養をたっぷりと補うことができます。   そうして、たった一回のトリートメントでもお肌はリセットされ、くすみがとれ、明るく若々しく、本来お客様が持つ健康的な美しいお肌へと導くことができるのです。

Related Post